TOP > ABOUT US

「ハンディキャップヨガ Japan」について。

Handicap yoga Japan

どんな人でもヨガ通して主体的に自分と向き合う時、そこで初めて色々な可能性や変革が見つかると思っています。峯岸はヨガを決して『代替医療』とは言い切ってはいません。しかし、自らの強い意志をもって内観を深めるヨガのアプローチやプラクティスは、運動やリハビリ、機能訓練とはまた違った気づきを生み、穏やかな心の安定や自信も引き出す・・そういう場面を多々、見てきました。全ての人々・・・障がいのある人、介護をしている人、高齢者、病後の人・・こそ、ヨガの恩恵を受けることができる土壌を目指し、その志を持った指導者を育てていきます。まずはエリア・コーディネーターへお尋ね下さい。
ハンディキャップヨガJapan 代表 峯岸道子
We believe anyone can find a variety of possibilities and changes for the first time when proactively facing with oneself through yoga. Minegishi never considers yoga as an “alternative medicine.” However, the yoga approach which looks deep into oneself with one’s own strong will and yoga practice lead to somewhat different awareness from exercises, physiotherapy or functional training and create a gentle balance of mind as well as calmer oneself… we have seen similar experiences like that often. All the people, in particular, handicapped people, caretakers, the elderly, people who are recovering from illness… should aim to take advantage of yoga. We will train leaders who share such vision. As a first step, please contact your area coordinator.
the representative of Handicap Yoga Japan Michiko Mingeishi

ハンディキャップヨガ北陸

富山 Yuka
Translator : Kuniko
Facebook

ハンディキャップヨガ中四国

香川 Rie
Facebook

ハンディキャップヨガ関西

神戸 Keiko, Shoichi
Blog

ハンディキャップヨガ九州 

小倉Supervisor. Akio Masumoto 
Saori
HP

ハンディキャップヨガ北海道

札幌 Nao
Facebook

ハンディキャップヨガ東北

仙台 Sanae

ハンディキャップヨガ関東・横浜

Director : Michiko Minegishi
横浜 Etsuko
blog

ハンディキャップヨガ東海

名古屋 Yumi
Facebook